sarorunの気ままなぶらり旅

旅先での自然、遺跡、グルメについて気ままに呟きます

海外旅行回想録〜トルコ編(1)

今から30年程前、昭和から平成に変わったばかりで、巷では、Winkの「愛が止まらない」や爆風スランプの「Runner」が流行っていた頃、

当時20代後半で、あまり貯金はありませんでしたが、世はバブルの絶頂期、株で儲けた泡銭で、友人と初めて海外へ旅行しました。それも、ハワイやグアムとか当時の定番ではなく、いきなりトルコです(笑)。

元々は、ギリシャの古代遺跡でも見たいと思っていたのですが、生憎ギリシャのツアーに空きがなく、旅行会社から代わりにトルコを勧められました。トルコと言ってもイスタンブールの地名程度しか知らなかったのですが、地理的にギリシャに近いし、まぁいいか、という軽いノリで決めました(以後、海外旅行にハマることに…)。

当時の「旅のしおり」や写真等を参考にして、30年振りに旅を振り返ってみようと思います 。

f:id:YOSHI88:20200616152953j:plain

f:id:YOSHI88:20200617094119j:plain

トルコ周遊とカッパドキア10日間(ユーラシア旅行社)

平成元年4月28日(金)~5月7日(日)

旅の概要ですが、①ビザンチンオスマン帝国の都イスタンブール、②ダーダネルス海峡に面した港町チャナッカレ・古代都市トロイ遺跡、③ペルガモン王国として栄えたベルガマ遺跡、④ギリシャ・ローマ時代の大規模な都市遺跡のあるエフェス遺跡、⑤石灰棚が有名なパムッカレ、⑥セルジューク朝の古都コンヤ、⑦奇岩の絶景スポットや地下都市のあるカッパドキア、⑧現在の首都アンカラの順に回った後、①イスタンブールに戻りました。f:id:YOSHI88:20200620184615j:plain

E03 地球の歩き方 イスタンブールとトルコの大地 2019~2020

E03 地球の歩き方 イスタンブールとトルコの大地 2019~2020

  • 発売日: 2019/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

[1日目]

東京20:00発 東ドイツ(インターフルック)航空  IF9379便で、モスクワ経由、東ベルリンへ。

当時は、東西ドイツが統一される前、東ドイツとは妙に懐かしい…。

[2日目]

東ベルリン03:55着

東ベルリン05:55発

今のようにトルコへの直行便が無い時代、トランジットの際、空港で迷子になりかけ、危うく乗り遅れそうになった事を覚えている。

イスタンブールに09:45到着。

イスタンブール

f:id:YOSHI88:20200616160506j:plainイスタンブール空港から、バスでイスタンブール旧市街へ。

f:id:YOSHI88:20200617101902j:plainイスタンブール旧市街。意外と近代的。庄野真代「飛んでイスタンブール」に出てくる「光る砂漠」など何処にもないが(笑)、所々に、歴史を感じさせる建造物が残っている。

f:id:YOSHI88:20200617101950j:plainブルーモスク。ツアー最終日に観光予定。

f:id:YOSHI88:20200617102033j:plain旧市街中心部のガラタ橋近く。

f:id:YOSHI88:20200617102118j:plain城壁の残りか?

f:id:YOSHI88:20200617102201j:plain昼食のレストラン。

 昼食後は、ダーダネルス海峡をフェリーで渡って、港町チャナッカレへ。f:id:YOSHI88:20200617103741j:plain

f:id:YOSHI88:20200617103846j:plain

f:id:YOSHI88:20200617103922j:plain地元の子供達。

f:id:YOSHI88:20200617104045j:plainチャナッカレに到着。
宿泊先のホテル(アナファルタラール・ホテル)では、 バスタブなしのシャワーのみで、お湯が出ない。トイレの鍵もなかなか開かないし、紙も流れない。ある程度、予想していたとは言え、いきなり、現地の洗礼を受ける。

[3日目]

トロイ遺跡

早朝、「トロイの木馬伝説」で知られるトロイ遺跡へ。

19世紀にシュリーマンにより、伝説上の都市ではなく、実在していた都市であることが発見された、全部で9層(第1市〜第9市)にもわたる都市遺跡。

f:id:YOSHI88:20200618152337j:plain 遺跡の入口付近には、トロイの木馬が復元されており、内部に入って遺跡を眺めることができる。

f:id:YOSHI88:20200618152442j:plain東の塔と城壁。第6市(紀元前1900〜1300年)のものらしい。

f:id:YOSHI88:20200618152623j:plain

同じく第6市の遺跡。

f:id:YOSHI88:20200618152726j:plain第1市(紀元前3000〜2600年)の遺跡。トロイ遺跡では最古の時代のもので、かなり風化しており、何だか良く分からない。

f:id:YOSHI88:20200618152748j:plain聖域。第8市(紀元前800〜350年)の遺跡。生贄の儀式に使われたらしく、井戸と祭壇が並んで残っている。

f:id:YOSHI88:20200618152852j:plainオデオン。第9市(紀元前350〜西暦400年)。小劇場が保存状態良く残っている。

f:id:YOSHI88:20200618152938j:plainトロイ遺跡見学後は、エーゲ海沿いを南下して、ベルガマ遺跡、エフェス遺跡を見学へ(続く)。