sarorunの気ままなぶらり旅

旅先での自然、遺跡、グルメについて気ままに呟きます

日本本土最東端の旅〜釧路湿原、摩周湖、野付半島、納沙布岬等〜(4:最終回)

厚岸町

本土最東端の納沙布岬から根室半島を西側に戻り、道の駅 厚岸味覚ターミナル コンキリエの「あぶりや」にて夕食。f:id:YOSHI88:20200222231934j:plainここでは、北海道産の海の幸グルメが満載。ツアー客は、長テーブルに向き合って座り、スタッフの説明を聞いてから各自軍手をはめ、真ん中にある炭火を使って具材をセルフ炉端焼き。地元厚岸産牡蠣を始め、浜中産バフンウニ、鮭、シシャモ、殻付きホタテ、さらに秋刀魚は丸ごと一匹と具材は豊富に揃っている。f:id:YOSHI88:20200222222637j:plain厚岸は古くから牡蠣が生息していたようで、アイヌ語で「牡蠣の獲れるところ」という「アッケケシ」が町名の由来になったようだ。海水と淡水が混じり合う栄養豊富な水域で育った高級品の厚岸産牡蠣を焼き牡蠣だけでなく、生牡蠣でも堪能。また、良質な昆布だけを与えた浜中産バフンウニは、殻付きなので、ウニ剥ぎ初体験で賞味。雑味がなく、濃厚な味わい。さらに、イクラかけご飯と貝の味噌汁という贅沢な盛り合わせ。この店では、ワイン(モロー・ブラン)とソフトクリームも購入。

食事後は、1時間程かけて宿泊予定の釧路プリンスホテルに到着。朝7時半にニュー阿寒ホテルを出発してから約12時間かけての本日の長旅もようやくこれで終了。部屋では、釧路市内の夜景を眺めながら、鶴居村で購入したチーズと先程のモロー・ブランで、ささやかな最後の晩餐。

釧路(和商市場)

朝食はホテルではなく、歩いて10分程の和商市場。和商市場は、釧路では最も古い市場で、北海道の3大市場のひとつ。その和商市場の名物が「海鮮勝手丼」。まずは、ご飯用のチケットを惣菜店で渡し、炊き立てご飯の入った丼をゲット。f:id:YOSHI88:20200127082402j:plain次に、丼を片手に海鮮屋「さとむら」へ行き、刺身ネタ2000円分のチケットで約50種類のネタ中から好きなものを選択。f:id:YOSHI88:20200127082153j:plain種類が多く、ネタの値段もそれぞれ違うので迷ったが、大トロ、ウニ、イクラ、トキシラズ、ホッケの5ネタを選択。しかし、これだけで予算を100円オーバー(汗)…差額をその場で支払って作ったオリジナルの海鮮丼がコレ!f:id:YOSHI88:20200127080933j:plain

後から気付いたが、ウニとイクラは量が少ない上に、大トロよりも値段が高い。ここでは、ウニとイクラは外して、お手頃で大き目のネタをいくつか選んだ方が良さそうだ。

釧路(市内観光)

朝食後は、一旦ホテルに戻り、希望者のみの釧路市内観光に参加。市内中心部にあるホテルから釧路川の方へ向かい、年配の男性ガイドさんの後をついて歩いて行く。晴れているが、マイナス13℃と普段経験していない気温で、しかも歩道には雪が残っていて歩きにくい。近くにある釧路川も一部凍っている。f:id:YOSHI88:20200127094916j:plain左折して、複合商業施設の釧路フィッシャーマンズワーフMOOの前を通る。f:id:YOSHI88:20200127095414j:plainそこには、水森かおりの「釧路湿原」の歌碑。f:id:YOSHI88:20200127100513j:plain

幣舞橋(ぬさまいばし)が見えてきた。橋の反対側には、美川憲一の「釧路の夜」の歌碑もあるらしい。f:id:YOSHI88:20200127100223j:plain釧路市内の定番観光スポットの幣舞橋は、釧路川の最も下流に架かる橋で、この橋から見える太平洋に沈む夕日は「世界三大夕日」の名所のひとつになっている。川に沿って設置されている街灯路と共に、ヨーロッパ調のデザインで統一されており、なかなかお洒落。また、左側に大きくそびえ立つオベリスクと、右側の一見モスクの様な建物(釧路センチュリーキャッスルホテル)が異国情緒感を漂わせている。さらに橋の欄干には、それぞれ春夏秋冬を表現した4体の女性のブロンズ像が配置されている。

幣舞橋に行き、春の像と冬の像の間にある位置から、遠く太平洋の海を眺めてみた。f:id:YOSHI88:20200127101054j:plain釧路川が広く果てしない太平洋と繋がっているのを体感。。今度はこの場所から、太平洋に沈む夕日を是非味わってみたいものだ。

幣舞橋から北大通を駅に向かって進み、途中で左折して釧路プリンスホテルに戻る。ホテル近くにある釧路市役所の建物の外壁にかなり太い耐震用の筋交いがあったので、「この辺りはかなり地震が多いのですか?」とガイドさんに聞くと、これまで震度6を3回体験したと言っていた。余談だが、翌日の同じ時間帯に、根室・釧路地方に震度4の地震が起きたようだ。地震が1日早く起きていたらと思うと、ゾッとする。

たんちょう釧路空港

ホテルからバスで30分程で、「たんちょう」の名がついた釧路空港へ。f:id:YOSHI88:20200127113634j:plain飛行機の出発時間までかなり時間が有り、とりあえず昼食として空港内のレストラン「たんちょう」で牛ステーキ定食を注文。f:id:YOSHI88:20200127120348j:plainこれが意外とイケる。北海道の牛は、豊かな自然環境と牧草で育っているからか、普段食べている牛肉よりもクセがなく食べ易い。空港内の店でこの味とはやはりレベルが高い。また、窓側の座席からは飛行機の陸発着がよく見える。f:id:YOSHI88:20200127120327j:plain食事後は、喫茶店とお土産屋で時間を潰し、JAL542便で帰京。f:id:YOSHI88:20200127135948j:plain今回の2泊3日の北海道道東を巡る旅、真冬で旅行には相応しくない時期である事を考慮しても、これで総額43,900円とは破格の金額である。普通、釧路までの往復チケット代と2泊の宿代だけでも、もっと掛かるのではないか?阿寒湖や風蓮湖では氷結で湖面が見れなかったが、天気にも恵まれ、絶景の摩周ブルーや野付半島での不可思議体験、最果て納沙布岬の風景、目と鼻の先にある国後島の夕焼け、幣舞橋から望む太平洋、どれもが心に深く刻まれている。また、幸運にも、多くのタンチョウやオジロワシオオワシ、オスジカにも出会え、大満足の日本本土最東端の旅でした(終わり)。

日本本土最東端の旅〜釧路湿原、摩周湖、野付半島、納沙布岬等〜(3)

東根室

風蓮湖オジロワシオオワシを観賞後は、釧路と根室を結ぶ根釧国道をさらに東に進んで根室半島に入り、先ずは東根室駅へ。

東根室駅は日本最東端のJR駅。駅近くでバスを降り、少し歩くことになる。真っ直ぐな下り坂だが路面が凍っており、滑りやすい。駅に到着、と言っても駅舎もなくホームのみの無人駅。簡易的な階段を登るとホームが1本あるだけで、遮るものは何も無い。f:id:YOSHI88:20200221101930j:plainホームには記念写真用に「日本最東端の駅」と記された碑が設置されている。f:id:YOSHI88:20200221115927j:plainホーム下で、この碑の丁度真後ろにも記念碑が見える。また、直ぐ近くにアパートらしき建物も見え、周辺には住宅地が広がっている。人家のほとんどない秘境の駅を想像していたのだが(笑)…ちなみに、この駅は日本最東端の駅といっても終着駅ではない。終着駅は、次の根室駅(有人駅)。このため、日本最東端の有人駅は根室駅になるようだ。

納沙布岬

バスに戻り、いよいよ本ツアーのハイライト、納沙布岬へ。納沙布岬は、道東の根室半島の先端にあり、現在旅行者が足を踏み入ることができる日本本土最東端の地。「ノサップ」とはアゴのように突き出たところというアイヌ語に由来し、漢字は違うものの本土最北端の宗谷岬の近くにも「野寒布岬」がある。

バスから降りて、「返せ北方領土  納沙布岬」の碑に向かい、ここで''到達証拠写真''を撮影(人物は省略)(笑)。f:id:YOSHI88:20200223122124j:plain
天気は悪くないが、強風の上に寒い……ここからは、海を隔てた北方領土歯舞諸島貝殻島まで手が届きそうな程近い。足元には「貝殻島灯台まで3.7km」の表示がある。また、碑の左側の足元には、「国後島泊山まで約57km」「国後島羅臼山まで約65km」「知床羅臼岳まで約95km」と表示されている
。そう、この場所からは、日本本土の知床よりも、むしろ北方領土歯舞諸島国後島の方が近いのだ。改めて地図を見ると、知床半島根室半島との間の根室海峡に、沖縄よりも大きな国後島が半分近く入り込んでいる。こんなに間近に在るのに、限りなく遠い北方4島!!

碑の近くには、一億の切なる願ひ島帰れ  この間近なる岬に叫ぶ」と記された祈念碑もあり、北方4島に対する熱い思いが伝わってくる。f:id:YOSHI88:20200223122515j:plain

碑の右手には、納沙布岬灯台f:id:YOSHI88:20200223121914j:plain北海道で一番早く日の出を拝める。北海道で最も古い灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれている。

碑の西側には高さ96mのオーロラタワー(望郷の塔)があり、この後方に沈んでいく夕陽が美しい。f:id:YOSHI88:20200223122011j:plain

近くにある食事処東光では、ツアー客全員に、根室海峡で上がった花咲蟹が入った名物鉄砲汁のおもてなし。凍えた身体が心底から温まる。f:id:YOSHI88:20200223122222j:plain

納沙布岬では、「日本本土最東端到達証明書」と「北方領土視察証明書」をゲット!f:id:YOSHI88:20200224013730j:plain

f:id:YOSHI88:20200224014003j:plain

岬観光後は、根室半島根室海峡側を通って、本日の夕食予定の厚岸へ。途中、海の向こうに、国後島が見えている。f:id:YOSHI88:20200225170520j:plain夕陽に薄っすら染まる国後の景色がまた良い感じ。(続く)

 

日本本土最東端の旅〜釧路湿原、摩周湖、野付半島、納沙布岬等〜(2)

摩周湖

いよいよツアー2日目の観光に出発。先ずは、バスで1時間程で摩周湖へ。昭和42年に布施明の「霧の摩周湖」がヒットしたことで、ずっと自分の中で気になっていた湖。だが、こうして実際に見に来る事が出来るとは思ってもいなかった。早やる気持ちを抑えてバスを降りると、駐車場の脇が第1展望台になっている。湖の湖畔には行けないため、湖面よりも約200m高いこの展望台から、摩周湖を眼下に望むことになる。

f:id:YOSHI88:20200218105412j:plain

霧もなく、摩周湖の大パノラマ風景が広がっている。

絶景の摩周ブルーに感動!!

f:id:YOSHI88:20200218110322j:plain

摩周湖には、注ぎ込む川もなく、湖と言うより、簡単に言えば「水溜り」。しかし、大雨が降っても年間を通して水位がほとんど変わらないらしい。また、「霧が晴れたの摩周湖を見ると婚期が3年遅れる」という都市伝説だったり、カムイシュ島(中島)と呼ばれる島があって、老婆が生き別れた孫を待ち続けて島になってしまったというアイヌ伝説があるのも、湖の神秘性を増幅させている。確かに、他の湖には無い何かが宿っているのかも知れない。

野付半島

摩周湖を後にし、バスに揺られること約2時間、次に向かうは野付半島野付半島は、知床半島根室半島の間にある根室海峡に突き出た、全長約26kmの日本最大級の「砂」の半島。地図で見ると鍵状の特異な形をしている。原生林が立ち枯れて荒涼とした「トドワラ」「ナラワラ」の景勝地があり、「この世の果て」と言われる今注目のスポット。

半島内を走っていると、直ぐ右側は氷結した野付湾。

f:id:YOSHI88:20200219172309j:plain

直ぐ左側は海(根室海峡)という何とも不思議な光景!

オジロワシが海を眺めて休息している。

f:id:YOSHI88:20200219172035j:plain

野付湾側では2頭のオスジカ!

f:id:YOSHI88:20200222110749j:plain

半島途中にあるネイチャーセンターの2階で、館内スタッフから野付半島の自然や歴史などの説明を受けた後、建物の外に出ると、そこはどこまでも続く氷平線!!

f:id:YOSHI88:20200219173724j:plain

 

f:id:YOSHI88:20200220091826j:plain


ここから国後島までは僅か16kmしか離れていない。今回は見れなかったが、野付半島には流氷もやって来るようだ。流氷というと網走等のオホーツク海の印象が強いが、ここでは流氷と国後島とがセットで見られるのが魅力的。なお、「この世の果て」と言われる「トドワラ」は、ネイチャーセンターからさらに歩いて30分の所にあり、今回は時間が無く散策出来なかった。機会があれば、夏頃にでもまた来てみたい。

標津

野付半島を引き返して20分程で、半島の付け根に位置する標津に到着。標津は、アイヌ語で「鮭のいるところ」という「シベ・ツ」が語源らしく、鮭の漁獲量が豊富。そのほか、イクラ、ホタテなども名産らしい。

ここの郷土料理店で昼食。メインの料理は、ウニ・イクラ・ホタテ等の入った五色丼か、鮭のちゃんちゃん焼き・鮭しゃぶ・ホタテの刺身、稚貝汁等の郷土御膳のどちらかを選択。また、どちらを選んでも、オホーツク産毛ガニが付いている。

f:id:YOSHI88:20200217103713j:plain

「ちゃんちゃん焼き」に興味があったので、後者の郷土御膳の方を選択。「ちゃんちゃん焼き」は、鮭と野菜に味噌を加えて焼いたもので、「石狩鍋」「ジンギスカン」と共に北海道の三大郷土料理らしい。毛ガニも頂いてお腹が膨れたところで、慌ただしく、次なる目的地へ出発。

風蓮湖

次なる目的地は、野鳥の聖域と呼ばれる風蓮湖。またもや、バスで2時間程度移動となる。今回のツアーは、総勢50人以上のためバス2台での移動。話してみると、北海道に何度も来ている旅馴れたリピーターが多いようだ。いきなりの初参加はかなりの変わり者か?(笑)   バスの長旅も窓から見える景色が新鮮で、ずっと見ていて飽きる事がない。そうこうしているうちに国道44号(根釧国道)沿いにある道の駅に到着。ここから風蓮湖は目と鼻の先。道の駅で、Lサイズのアイスクリームを400円で購入。やや甘目だが、濃厚で美味しい。風蓮湖に行ってみると、湖面が完全に凍っており、湖の輪郭すら分からない(笑)。f:id:YOSHI88:20200220001741j:plain

本来、この「風蓮湖」の木板プレートの後ろは、水色の綺麗な湖面があり、11月中旬頃のピーク時には5000羽の白鳥が湖面を白く彩どるらしい…が、しかし、氷結した湖面には、丁度多数のオジロワシが休んでいた。f:id:YOSHI88:20200219215658j:plainまた、道の駅の望遠鏡で、幸運にも天然記念物のオオワシを見る事が出来た。次は、国道44号をさらに東に進み、いよいよ日本本土最東端の納沙布岬へ!(続く)

日本本土最東端の旅〜釧路湿原、摩周湖、野付半島、納沙布岬等〜(1)

先日、生まれて初めて北海道へ行ってきました。それも、札幌とかではなく、いきなり北海道の東の端です(笑)。2泊3日の日本本土最東端の旅〜釧路湿原・北斗展望台、鶴居村・鶴見台、阿寒湖畔、摩周湖、標津、野付半島風蓮湖東根室駅、納沙布岬根室半島、厚岸、釧路市内〜等々、イャ〜見所満載でした!

f:id:YOSHI88:20200222010459j:plain

第1回目は、釧路空港から、釧路湿原・北斗展望台、鶴居村・鶴見台、阿寒湖畔まで

釧路湿原・北斗展望台

 昼過ぎに羽田からJAL543便で釧路空港へ向かい、2時間弱で到着。既に午後2時を回っていたが、先ずは、バスで20分程の釧路湿原へ。

釧路湿原は北海道の東側、太平洋から内陸に向かって広がる湿原で、釧路市、鶴居(つるい)村等の4つの町村にまたがっている。写真の「釧路湿原国立公園」に指定されている面積は約28000ヘクタール。2万8000ヘクタールと言われてもピンと来ないが、東京23区がすっぽり収まってしまう広さらしい。東京ドーム何個分とかではなく、比較対象が東京都区というスケールの大きさ!流石は、デッカイドー(笑)

f:id:YOSHI88:20200213115810j:plain

 バスから降りた北斗展望台からの眺め。あまりの広さに、写真では全貌が掴めないが…

f:id:YOSHI88:20200213115915j:plain

湿原内を散策できる遊歩道も整備され、カヌー、湿原ビューが楽しめる観光列車などもあるらしい。いきなり北海道の大自然に圧倒されるねぇ〜

鶴居村・鶴見台

 次は、バスを15分程度乗り、最盛期には200羽以上のタンチョウが飛来する鶴見台へ。

f:id:YOSHI88:20200213192606j:plain

行ってみると、丁度タンチョウの大群がいるではないか!!この北海道旅行、最初から、ついている!

f:id:YOSHI88:20200213192745j:plain

タンチョウはあっという間に居なくなってしまった。タンチョウの鑑賞後は、近くの「どれみふぁ空」へ。店名が洒落ている。 

f:id:YOSHI88:20200213192922j:plain

 ここでは、鶴居村ナチュラルチーズを数個購入。熟成期間が半年以上の「ゴールドラベル」は、第10回ALL  JAPANナチュラルチーズコンテストで金賞を受賞し、日本航空国際線のファーストクラスでも提供されているらしい。本当はこれを購入したかったのだが、品切れのため、仕方なく熟成期間3ヶ月程度の「シルバーラベル」を購入。旅行後、自宅で食べたが、コクがあって口当たりも良い。今度は是非「ゴールドラベル」にトライしたい!

f:id:YOSHI88:20200214151143j:plain

阿寒湖畔

鶴居村からバスで1時間程度かけ、本日宿泊予定のニュー阿寒ホテルへ。途中で、車窓から見えた夕陽が幻想的。

f:id:YOSHI88:20200215144422j:plain

また、ピラミッド状の阿寒富士も見える。

f:id:YOSHI88:20200215144501j:plain

阿寒湖付近には、アイヌコタンと言うアイヌの集落が有り、個性的な民芸品店や飲食店が多数立ち並んでいる。

f:id:YOSHI88:20200215144603j:plain

阿寒湖畔に佇むニュー阿寒ホテルに到着して、夕食。夕食は、カニ足や寿司、出来立てステーキやオリジナルスイーツなど全80品バイキング。カニだけでなく、十勝ワインや、欲張ってステーキやビーフシチューなど牛肉を普段よりかなり多めに食べたが、肉質が違うのか不思議と苦しくならない。

f:id:YOSHI88:20200215152927j:plain

f:id:YOSHI88:20200216092555j:plain

夕食後は、本日の目玉の一つである絶景露天風呂「天空ガーデンスパ」へ。スパは建物の屋上にあるが、男女混浴のため、直ぐ下の階にある大浴場横の脱衣所で水着を着用し、屋外の螺旋階段を上がって行く。流石に寒い。プラネタリウムの様な360度満天の星空を眺めに来たのだが、生憎曇り空のせいか何も見えない…

🎵星も見えない〜阿寒湖の夜🎵(布施明霧の摩周湖」の替え歌で(笑))

翌日、朝食前に阿寒湖畔を散歩。阿寒湖の水面が凍っている。また、ホテルの後方には、雄阿寒岳が見えている。

f:id:YOSHI88:20200215153621j:plain

朝食は、イクラかけ放題のバイキング。

f:id:YOSHI88:20200215154049j:plain

朝食後は、いよいよ、摩周湖野付半島納沙布岬等、見所満載のツアー2日目へ!(続く)