sarorunの気ままなぶらり旅

旅先での自然、遺跡、グルメについて気ままに呟きます

日本本土最北端の旅〜紋別、クッチャロ湖、猿払、宗谷岬、稚内、ノシャップ岬〜(5:最終回)

約1年振りの北海道、紋別からオホーツク海沿岸を北上して、白鳥を鑑賞できるクッチャロ湖や、ホタテで有名な猿払村、北の最果て宗谷岬、ノシャップ岬、最北端の駅の稚内駅等を観光してきました。

また、美食の宝庫・北海道で三大ガニ(タラバ・ズワイ・毛ガニ)を食べ比べ、天然ホタテやたこしゃぶ、イクラ等の北海道の海の幸を存分に堪能し、グルメ旅を満喫してきました!

f:id:YOSHI88:20210114193416j:plain

第5回目(最終回)は、 ノシャップ岬〜旧瀬戸邸〜稚内駅です。

[3日目]

サフィールホテル稚内で朝食。和食と洋食を選べるので和食を選択。

f:id:YOSHI88:20210216115856j:plain礼文産真ほっけに、肉じゃが、ふきの煮物、豆腐と、苫前産ななつぼし米のご飯。

f:id:YOSHI88:20210217121414j:plain朝食後は、稚内市街の北端にあるノシャップ岬へと向かう。

ノシャップ岬

日本海と宗谷湾を区切る岬がノシャップ岬(野寒布岬)。ノシャップは、アイヌ語で「岬が顎のように突き出たところ」の意味で、根室にある日本最東端の納沙布(のさっぷ)岬と同じ語源。ここが日本最北端の地でも良い気がするが、緯度的には宗谷湾を隔てて相対する宗谷岬の方がやや北に位置している。

f:id:YOSHI88:20210216120010j:plainホテルから数十分で、ノシャップ岬のある公園向かいの土産屋「あきかわ屋」に到着。

恵山泊漁港公園

f:id:YOSHI88:20210216115938j:plain雪に覆われているこのスペースは、恵山泊漁港公園。

イルカのモニュメント

f:id:YOSHI88:20210216120449j:plain公園内を進むと、イルカのモニュメント。時計もある。ここは、夕陽のビューポイントとしても知られている。ここの夕焼け時の写真を見たが、プールで水球ボールと戯れているイルカのシルエット絵になっていた!

 ノシャップ岬の碑

f:id:YOSHI88:20210216120517j:plain公園内の左隅には、「ノシャップ岬」と書かれた木造の碑がある。

f:id:YOSHI88:20210216120541j:plain天気が良ければ、ここから近くにある利尻島利尻富士を望むことができるのだが、残念ながら何も見えない。

稚内灯台

f:id:YOSHI88:20210216120357j:plain公園の近くにある稚内灯台は「日本の灯台50選」の一つ。塔高42.7mであり、北海道内では1番、日本中でも島根県の「出雲日御碕灯台」に次いで2番目の高さを誇る。赤と白のツートンカラーは宗谷岬灯台と同じで、工場の煙突のように目立っている。塔の先端付近に一羽のカモメ。 

 白い灯台(恵山泊港西防波堤灯台)

f:id:YOSHI88:20210216120730j:plain「ノシャップ岬の碑」から海を眺めると、白く小さな灯台が見える。調べてみると、平成4年に点灯した新しい灯台で、「恵山泊港西防波堤灯台」というらしい。稚内灯台とは対照的にひっそりと佇んでいるが、こちらの方が北の最果て灯台のイメージに合致する。なお、こちらにも一羽のカモメが翔んでいる。

旧瀬戸邸

f:id:YOSHI88:20210216121014j:plain旧瀬戸邸は、稚内が底曳(そこびき)漁業の前線基地として活気に満ち溢れていた昭和20年代に、沖合底曳漁業の親方「瀬戸常蔵」の邸宅として建てられた。和洋折衷の近代和風建築として、平成25年に稚内市で初となる国の「登録有形文化財」に登録されている。

f:id:YOSHI88:20210218184716j:plain平成24年に一般公開されたこの邸宅内は、とにかく広い!一階だけでも、和室5部屋に、さらに茶室と洋室を加えて計7部屋もある。二階にも和室5部屋と洋室がある。

f:id:YOSHI88:20210218184546j:plain当時の宴席風景が再現されている部屋や、

f:id:YOSHI88:20210218184618j:plain曳船の模型を展示した部屋などがあり、底曳漁業て反映した稚内の歴史を感じる施設となっている。また、茶室や欄間、天井板など細部まで凝った造りは見応えたっぷり。

稚内

f:id:YOSHI88:20210216121227j:plain宗谷本線稚内駅は、日本最北端の駅。戦前運航されていた、樺太と結ぶ鉄道連絡船「稚泊航路」の稚内港駅が前身になっている。なお、現在の駅舎は4代目。

f:id:YOSHI88:20210219113530j:plain

駅舎は立派だが、田舎のバス停のようなスカスカの時刻表(笑)

f:id:YOSHI88:20210218194815j:plainみどりの窓口にも社員が不在。なお、日本国内最南端のみどりの窓口設置駅となる鹿児島県の指宿駅と「姉妹駅」提携を結んでいる。

f:id:YOSHI88:20210216121320j:plain窓越しに見る「最北端の線路」の看板。他方、最南端は、鹿児島の指宿枕崎線西大山駅

f:id:YOSHI88:20210216121352j:plain平成22年1月31日には2番線が廃止され、現在は単線の駅。

f:id:YOSHI88:20210216121714j:plain平成24年に駅舎は全面リニューアルされ、駅舎を含めた「道の駅わっかない」がオープンしている。

f:id:YOSHI88:20210216121520j:plain駅構内にある「ワッカナイセレクト」に入ってみる。

f:id:YOSHI88:20210216121617j:plain土産物が売っている他、コーヒー等の軽食や食堂がある。ここで帰路の機内食用にサンドイッチを購入。

f:id:YOSHI88:20210216122114j:plain バスで15分程乗車して稚内空港に到着。

f:id:YOSHI88:20210216122248j:plain天気が心配だったが欠航はしておらず、多少の遅れはあったものの、稚内空港11:50発のANA4842便と新千歳空港13:30発のANA64便で無事に帰京。

(終わりに)

今回の2泊3日のツアーは、テレビの「ハーフタイムツアーズ」で女優の高橋由美子さんが美味しそうにカニを食べているのを見て急遽参加したものですが、3大カニ(タラバガニ・ズワイガニ・毛ガニ)を様々な食べ方で食し、肉厚な猿払産天然ホタテやたこしゃぶ等の北海道の海の幸を存分に堪能できました。また、広大なオホーツク海や、宗谷湾、クッチャロ湖などの自然に触れて癒され、真冬の北海道を満喫できました。

北海道には、本土最東端の地(納沙布岬)と最東端のJR駅(東根室駅)、本土最北端の地(宗谷岬)と最北端のJR駅(稚内駅)があるが、共に訪ねることが出来て大満足!今度旅行が出来るようになったら、本土最南端(波照間島)と最西端(与那国島)にもトライしたいものです。

日本本土最北端の旅〜紋別、クッチャロ湖、猿払、宗谷岬、稚内、ノシャップ岬〜(4)

約1年振りの北海道、紋別からオホーツク海沿岸を北上して、白鳥を鑑賞できるクッチャロ湖や、ホタテで有名な猿払村、北のさいはて稚内宗谷岬、ノシャップ岬等を観光してきました。

また、美食の宝庫・北海道で三大ガニ(タラバ・ズワイ・毛ガニ)を食べ比べ、天然ホタテやたこしゃぶ、イクラ等の北海道の海の幸を存分に堪能し、グルメ旅を満喫してきました!

f:id:YOSHI88:20210114193416j:plain

第4回目は、 猿払村〜宗谷岬稚内です。

猿払村

f:id:YOSHI88:20210202102646j:plainオホーツク海に面する日本最北端の村、猿払(さるふつ)村に到着。ここはホタテの水揚げ量が全国一。このホタテ漁のおかげで、猿払村の住民平均所得は全国自治体中4位(2016年)で東京都港区並み!周辺には''ホタテ御殿''が立ち並ぶ。

ホテルさるふつ

f:id:YOSHI88:20210202102300j:plain「ホテルさるふつ」の一施設のレストランにて昼食。施設は、いたって普通(笑)

f:id:YOSHI88:20210202102351j:plain「レストラン風雪」に入ると、

f:id:YOSHI88:20210202102417j:plain殺風景で地味な室内に、社員食堂のようにテーブルが並んでいる。

f:id:YOSHI88:20210202102459j:plainだが、名物のさるふつ定食(天然ホタテ御膳)はなかなかのもの。猿払産ホタテは5年間オホーツク海で育てられているため、非常に大きく肉厚で甘味も強い。この肉厚ホタテを、刺身、焼き、フライ、鍋、姿煮、佃煮と色々な形で楽しめる。さらに、イクラの小鉢まで付いてくる。特に、鍋は、北海道の牛乳を使ったクリームソースで煮込んだホタテのクリーム煮で、ホタテと牛乳の相性が抜群に良い。

f:id:YOSHI88:20210202121415j:plain食事に出てきた「帆立のり」を売店で購入。

風雪の塔

f:id:YOSHI88:20210202102712j:plainホテル近くの「さるふつ公園」には、異国を思わせるような大きな風車が。

f:id:YOSHI88:20210202102906j:plain続いて、北のさいはて宗谷岬へと向かう。途中に、ほたての加工場も見える。

オホーツクの海2

f:id:YOSHI88:20210202102848j:plain北に向かって進むにつれ、オホーツクの海も先程とは心なしか違った表情に…

f:id:YOSHI88:20210202102924j:plain🎵アー これが オホーツク   北のさいはて 青い海
波も冷たく 心ふるえて(松山千春作詞作曲「オホーツク」より)

宗谷岬

宗谷岬に到着。とにかく風が強くて肌寒い…北海道稚内にある宗谷岬は日本最北端の岬で、突端には日本最北端の地の碑が立っている。晴れた日には、宗谷海峡を挟んで約43km離れている樺太(サハリン)南端のクリリオン岬もはっきりと視認できるらしい。

間宮林蔵の立像

f:id:YOSHI88:20210202135027j:plain「日本最北端の地の碑」に向かう手前に、「間宮林蔵の立像」がある。間宮林蔵は、ユーラシア大陸樺太(サハリン)との間にある海峡(間宮海峡)を発見し、樺太ユーラシア大陸の半島ではなく、「島」であることを確証した人物。この立像も自分が発見した間宮海峡の方を眺めているのだろう。

日本最北端の地の碑

f:id:YOSHI88:20210202135114j:plain宗谷岬の先端、北緯45度31分22秒の“日本最北端の地”を標すモニュメント。北極星の一稜をモチーフとし、北を示す「N」と、平和と協調を表す円形の台座を組み合わせたデザインとなっている。なお、石碑の高さは緯度(北緯45度31分22秒)にちなみ4.53 メートル。

柏屋

f:id:YOSHI88:20210202135434j:plain近くにある目立つ建物は、日本最北端の土産店、「柏屋」。建物の右端には、日本最北端の郵便ポストもある。

f:id:YOSHI88:20210202135342j:plain 店の外観は、まさにモニュメントと同じ!なお、この店は、店舗兼住宅となっていて、経営者が実際に住んでいるらしい。店内は意外と広く、木彫りやキーホルダー、菓子、酒類、Tシャツ等、品揃えも豊富。中でも一番人気の商品は「日本最北端到着証明書」。

日本最北端到着証明書

f:id:YOSHI88:20210202141735j:plain100円で「日本最北端到着証明書」をゲット!これで本ツアーの目的達成!(笑)

ちなみに、一年前に手に入れた「最東端」の到達証明書はこんな感じ↓f:id:YOSHI88:20200224013730j:plain

流水館

f:id:YOSHI88:20210202135451j:plain店舗に隣接している「流氷館」。

f:id:YOSHI88:20210202135626j:plain冷蔵庫の中のような室内には、本物の流氷がゴロゴロと転がっている。今度は実際に流氷がやって来る時期に来て、正面のような景色を是非とも味わってみたいものだ。

宗谷岬灯台

f:id:YOSHI88:20210202135818j:plain南側の高台には、紅白のツートンカラーが鮮やかな「宗谷岬灯台」がある。灯台の歴史は古く、道内では納沙布岬根室)、日和山(小樽)に次いで、3番目に建てられ、明治18年(1885)9月25日に初めて点灯された。

f:id:YOSHI88:20210202135305j:plainまた、「日本最北端の地の碑」から道路を渡った駐車場の近くには、「宗谷岬神社」(常駐人無し)があり、比較的新しく小じんまりとした神殿と鳥居が見える。

f:id:YOSHI88:20210202135914j:plain宗谷岬を後にして、宿泊先のホテルへと向かう。曇り空だが、宗谷海峡に沈みゆく夕陽が見える。

 稚内港北防波堤ドーム

f:id:YOSHI88:20210204125926j:plain稚内港北防波堤ドームは、稚内ならではの強風、高波対策の為に造られ、総延長距離427メートルで、世界でも珍しい半アーチ型防波堤。

f:id:YOSHI88:20210204125946j:plain古代ローマ建築を思わせる重厚で美しいデザイン。

サフィールホテル稚内

f:id:YOSHI88:20210204125856j:plain宿泊先のホテルは、稚内港北防波堤ドームの直ぐ側。

f:id:YOSHI88:20210204130554j:plain最北端のシティリゾートホテル。

f:id:YOSHI88:20210204130115j:plain5階の部屋からは防波堤ドームが良く見える。

f:id:YOSHI88:20210204130316j:plain夕食は、ホテル内の「四季彩ダイニングan-non」

f:id:YOSHI88:20210204134147j:plain宗谷会席料理で、北海道産毛蟹と稚内名物たこしゃぶ等を賞味。

f:id:YOSHI88:20210204130420j:plain 北海道産毛蟹一杯、宗谷産水蛸のしゃぶしゃぶ、サーモンとホタテの刺身。

f:id:YOSHI88:20210204130454j:plainしゃぶしゃぶ用鍋。

f:id:YOSHI88:20210204134332j:plain海老と三種の野菜天ぷら、いくら鉢。

f:id:YOSHI88:20210204134433j:plain デザートのキャラメルプリン。

昨日の紋別プリンスホテルの夕食と比べると、上品でやや物足りない感じ。

翌日(最終日)は、ノシャップ岬、登録有形文化財「旧瀬戸邸」、稚内駅を廻ります(続く)。

日本本土最北端の旅〜紋別、クッチャロ湖、猿払、宗谷岬、稚内、ノシャップ岬〜(3)

約1年振りの北海道、美食の宝庫・北海道で三大ガニ(タラバ・ズワイ・毛ガニ)を食べ比べ、天然ホタテやたこしゃぶ、イクラ等の北海道の海の幸を存分に堪能し、グルメ旅を満喫してきました。

f:id:YOSHI88:20210114193416j:plain

第3回目は、紋別からオホーツク海沿岸を北上して、白鳥を鑑賞できるクッチャロ湖を訪ねます。

[2日目]

紋別プリンスホテルで、エビ・ホタテなどの海鮮勝手丼や、カニの鉄砲汁などの朝食バイキング。

f:id:YOSHI88:20210127231229j:plain

朝食後は、紋別港近くの出塚水産へ。

紋別

f:id:YOSHI88:20210127121245j:plain紋別の揚げたてかまぼこで有名な出塚水産。

f:id:YOSHI88:20210127232400j:plain二階の休憩所からは、紋別港に停泊する遊漁船が良く見える。

f:id:YOSHI88:20210127121350j:plain真ん中にあるのが赤灯台、右端にあるのが白灯台

オホーツクの海

f:id:YOSHI88:20210127121437j:plain暫くは、オホーツク海沿岸の国道を北上する。

f:id:YOSHI88:20210127121529j:plain🎵静かな、そして静かな、オホーツクの海よ(松山千春作詞作曲「オホーツクの海」より)

道の駅おうむ

f:id:YOSHI88:20210127121934j:plain国道238号沿いの雄武(おうむ)町のバスターミナルに到着。

f:id:YOSHI88:20210127121653j:plainここには道の駅があり、7階のビルに相当する高さの展望台が町のシンボルになっている。 

f:id:YOSHI88:20210127121905j:plain館内の展望台(スカイキャビン)からは、オホーツク海を一望できる。

f:id:YOSHI88:20210127141135j:plain日の出の時刻や流氷の時期には、大自然のパノラマを拝めることだろう。

f:id:YOSHI88:20210127135418j:plain館内には、既に廃線となった興浜南線の写真がいくつか展示されている。この写真は、かつてこの道の駅の場所にあった「雄武駅」。なお、駅名は写真にもあるように「おむ」となっており、現在のように「おうむ」とは呼ばれていなかったようだ。 

クッチャロ湖

f:id:YOSHI88:20210129105734j:plainクッチャロ湖は、北海道浜頓別町に位置する湖で、日本最大のコハクチョウの飛来地。1989年7月に国内3番目のラムサール条約登録湿地と なった。 

ちなみに、一年前に訪れた釧路湿原や 阿寒湖、f:id:YOSHI88:20200219173724j:plain野付半島(2005年11月登録)、f:id:YOSHI88:20200220001741j:plain風蓮湖(2005年11月登録)もラムサール条約登録湿地となっている。

 クッチャロ湖水鳥観察館

f:id:YOSHI88:20210129114858j:plain近くには環境省の設置する水鳥観察館があり、館内に設置されている野外カメラや望遠鏡を利用すればクッチャロ湖の野鳥を観察可能。

f:id:YOSHI88:20210128125752j:plain館内には写真パネルが展示され、クッチャロ湖周辺の自然や四季を学ぶことができる。クッチャロ湖自体は、大沼(長径5.5km)と小沼(長径3km)の2つの沼が細い水路によって繋がり、変形した瓢箪型をしている。

f:id:YOSHI88:20210128130854j:plainコハクチョウは、北シベリアの繁殖地からサハリンを経由して、北オホーツクのクッチャロ湖に飛来する。日本には、毎年、3万羽のコハクチョウが飛来しているが、クッチャロ湖には、その内の5割~7割が飛来するようだ。

f:id:YOSHI88:20210129131621j:plainその他、水鳥や野鳥の模型も多数展示されている。

f:id:YOSHI88:20210129132243j:plain観察館から出て再度湖面を眺めると、コハクチョウが多数訪れている。

f:id:YOSHI88:20210129114814j:plainラッキーにも飛立つ瞬間を撮影!

次回は、ホタテで有名な猿払村、本土最北端の宗谷岬を廻って、稚内へと向かいます(続く)。 

日本本土最北端の旅〜紋別、クッチャロ湖、猿払、宗谷岬、稚内、ノシャップ岬〜(2)

約1年振りの北海道、前回は本土最東端の納沙布岬を訪ねましたが、今回目指すは、本土最北端の地宗谷岬です。

紋別からオホーツク海沿岸を北上して、白鳥を鑑賞できるクッチャロ湖や、ホタテで有名な猿払村、最北端の駅の稚内駅、最果ての地宗谷岬、ノシャップ岬等を観光してきました。

また、美食の宝庫・北海道で三大ガニ(タラバ・ズワイ・毛ガニ)を食べ比べ、天然ホタテやたこしゃぶ、イクラ等の北海道の海の幸を存分に堪能し、グルメ旅を満喫してきました!

f:id:YOSHI88:20210114193416j:plain

第2回目は、紋別市内観光(後半)です。

とっかりセンターでアザラシを鑑賞した後は、引き続き希望者のみのオプション観光。先ずは、氷海展望塔オホーツクタワーへ。

氷海展望塔オホーツクタワー

紋別港からオホーツク海に突き出した防波堤(クリオネフロムナード)を進むと、日本最北・最大規模の海中展望塔オホーツクタワー(地上3階、地中1階)が現れる。

f:id:YOSHI88:20210123105342j:plain
3階フロアが海面から約24メートル、海底階のフロアが海面下約8メートル。

f:id:YOSHI88:20210117142556j:plain防波堤とは屋根付きの通路で接続されている。f:id:YOSHI88:20210117142403j:plain1階エントランス。2階には、4Dシアターとオホーツク・ラボがある。4Dシアターは、360度の全周スクリーンによる3D映像と風を使った大迫力の上映が楽しめる。

f:id:YOSHI88:20210117142235j:plain3階は、展望室と喫茶コーナー。

f:id:YOSHI88:20210117142254j:plain最上階のパノラマビューからの眺めは圧巻。気象条件が良ければ知床連山が見えることもある。

f:id:YOSHI88:20210117142520j:plain2階にある観測室では、流氷レーダー画像や気象、海象観測のデータをリアルタイムで表示。

f:id:YOSHI88:20210117142451j:plainオホーツクタワーの模型も展示されている。
f:id:YOSHI88:20210115184749j:plain海面下マイナス8メートルのフロア(海底階)に降り立つと、そこは海底洞窟水族館。オホーツクに生息する海の生物が展示飼育されている。

f:id:YOSHI88:20210115184814j:plainヒレが飛行機の翼のよう。

f:id:YOSHI88:20210115184638j:plain強面(こわおもて)のオオカミウオ。意外と大人しく、つぶらな瞳がカワイイ。

f:id:YOSHI88:20210115184726j:plain高さ2メートル、幅1メートルの大型観察窓(日本最大級の水中観察窓)からオホーツク海を眺めることができる。生憎この日は海水が濁っており、何も見えない。 

f:id:YOSHI88:20210115190746j:plain建物の近くの港に流氷砕氷船ガリンコ号IIが停泊している。続いて、流氷科学センターへと向かう。

流氷科学センター

f:id:YOSHI88:20210115191040j:plain流氷科学センターは、流氷が生まれる仕組みやオホーツク海の環境を学べるだけじゃなく、本物の流氷に触れて「流氷ワールド」を満喫できる体験型施設。

f:id:YOSHI88:20210116235623j:plain玄関で大きなホッキョクグマの出迎えを受け、早速展示室へ。 

f:id:YOSHI88:20210115191943j:plain展示室では、流氷が生まれる仕組みや、流氷が北海道のオホーツク沿岸まで広がっていく様子など、流氷の基礎知識を学べる。

f:id:YOSHI88:20210115192115j:plain展示室一の見どころは、「クリオネハウス」。

f:id:YOSHI88:20210115192005j:plainこの水槽には、紋別の海から採取された流氷の天使・クリオネがなんと通年100~500匹も泳いでいる。

f:id:YOSHI88:20210115192132j:plain水のなかを羽ばたくように泳ぐようすはキュート! なお、近年新種と認定されたものもある。

その他、ドームシアターでは、アストロビジョンにより、雄大な流氷の空撮風景や花の咲き乱れる海岸線などを迫力満点で楽しめた。

f:id:YOSHI88:20210115192502j:plain館内には、道の駅「オホーツク紋別」も併設されている。

f:id:YOSHI88:20210117001326j:plain見学を終えて建物の外に出ると、もう日が翳っている。

f:id:YOSHI88:20210117001358j:plain近くの広場にある「カリヨンタワー」。次は、紋別市立博物館へ。

 紋別市立博物館

f:id:YOSHI88:20210115191300j:plain紋別の基幹産業である漁業の道具や昭和の懐かしい生活用品、東洋一といわれた鴻之舞金山などの資料、ジオラマが展示されている。館内は撮影禁止だが、スタッフによる説明が分かり易かった。

まちなか芸術館

f:id:YOSHI88:20210117003217j:plain同じスタッフに先導されて、近くのまちなか芸術館へ。「流氷画家」の村瀬真治氏と彫刻家の齊藤顯治氏の作品が展示されている。特に、村瀬真治氏は、厳冬の冷たいイメージの流氷だけではなく、赤や黄色などの色彩を取り入れて温かく幻想的な「流氷」の風景画も残しており、とても興味深かった。

紋別温泉・紋別プリンスホテル

f:id:YOSHI88:20210117004428j:plain宿泊先の紋別プリンスホテルに到着。繁華街にほど近く、主要な観光施設には車で10分以内。「プリンス」とあるが、添乗員の説明によれば、西武系のプリンスホテルとは関係ないらしい。

 f:id:YOSHI88:20210117004520j:plain

紋別で唯一、天然温泉・露天風呂のあるホテル。泉質はアルカリ性低張性冷鉱泉で、肌にやさしく美人の湯とも知られ、神経痛、冷え性などに効果がある。 f:id:YOSHI88:20210115194955j:plain夕食は、活蟹料理で、特に蟹の刺身、蟹しゃぶ鍋、蟹の天ぷら等、「ズワイガニ」づくし。

f:id:YOSHI88:20210115191428j:plain蟹しゃぶ鍋、蟹しゅうまい、蟹茶碗蒸し。

f:id:YOSHI88:20210115191528j:plainズワイガニは丸々一匹豪快に!

f:id:YOSHI88:20210115191557j:plain蟹の刺身、蟹の天ぷら、蟹味噌豆腐。

f:id:YOSHI88:20210122110743j:plain締めは、蟹釜飯。

f:id:YOSHI88:20210115195105j:plainデザートの牛乳ソフトクリーム。

ズワイガニ」と天然温泉を思う存分堪能!

翌日は、オホーツク海沿岸を北上し、白鳥を鑑賞できるクッチャロ湖や、ホタテで有名な猿払村を経由して、本土最北端の地宗谷岬を目指します(続く)。 

日本本土最北端の旅〜紋別、クッチャロ湖、猿払、宗谷岬、稚内、ノシャップ岬〜(1)

約1年振りの北海道、前回は本土最東端の納沙布岬を訪ねましたが、今回目指すは、本土最北端の地宗谷岬です。

紋別からオホーツク海沿岸を北上して、白鳥を鑑賞できるクッチャロ湖や、ホタテで有名な猿払村、最北端の駅の稚内駅、最果ての地宗谷岬、ノシャップ岬等を観光してきました。

また、美食の宝庫・北海道で三大ガニ(タラバ・ズワイ・毛ガニ)を食べ比べ、天然ホタテやたこしゃぶ、イクラ等の北海道の海の幸を存分に堪能し、グルメ旅を満喫してきました!

f:id:YOSHI88:20210114193416j:plain

第1回目は、紋別市内観光(前半)です。

[1日目]

羽田空港10:30発のANA375便で空路オホーツク沿岸の紋別へ。

f:id:YOSHI88:20210115095633j:plain2時間弱でオホーツク紋別空港に到着。雪は殆ど積もっていない。

f:id:YOSHI88:20210114194506j:plain紋別空港から専用バスに乗り、20分程でマルカイチ水産に到着。先ずは腹ごしらえから(笑)。

マルカイチ水産・海鮮炉端焼

f:id:YOSHI88:20210114194549j:plainマルカイチ水産では、北海道海の幸の炉端焼きを体験できる。炉端焼きは、1年前の厚岸の「あぶりや」以来。その時と同様に長テーブルに向き合って座り、各自具材をセルフ炉端焼き…とは言っても、巡回している店員さんが殆どやってくれた。

f:id:YOSHI88:20210115000026j:plain 具材は、タラバガニ足1本、ホッケ、貝付きホタテ、ボタンエビ。紋別特産のカニは、甘くて濃厚な味で、食べ応えがある。

f:id:YOSHI88:20210115000451j:plainちょっと焼き過ぎたか?

f:id:YOSHI88:20210114235137j:plainオホーツク産の肉厚のある大きなホタテ。

f:id:YOSHI88:20210115000149j:plain締めは、おにぎりと味噌汁。味噌汁にもカニが入っている。

f:id:YOSHI88:20210115121710j:plain隣には直売所があり、ニシンやホッケ、キンキなどの糠漬けや丸干しが販売されている。

昼食後は、紋別市内観光へ。

f:id:YOSHI88:20210115121748j:plain左手に、オホーツク海が見えてくる。 

f:id:YOSHI88:20210115184151j:plain オホーツク海と言えば流氷。中央に小さく見えるのは、流氷砕氷船の旧ガリンコ号。

四角い波

f:id:YOSHI88:20210118154536j:plain突然、インパクトある斬新な物体が。。。これは、石の彫刻家渡辺行夫氏による「四角い波」の作品。

カニの爪(オブジェ) 

f:id:YOSHI88:20210114235332j:plain写真スポットの巨大なカニの爪のオブジェを車窓から撮影。ここで引き返して、アザラシを間近で鑑賞できる「オホーツクとっかりセンター」へと向かう。

f:id:YOSHI88:20210115121822j:plain今度は、右手間近にオホーツク海

f:id:YOSHI88:20210115121856j:plainガリンコ号も近くに見える。

オホーツクとっかりセンター

f:id:YOSHI88:20210115001006j:plainとっかりセンターの「とっかり」とはアイヌ語でアザラシの意味で、ここはアザラシだけを飼育している日本で唯一の施設。

f:id:YOSHI88:20210116173240j:plainアザラシがたくさん泳いでいるプールを横目で見ながら、飼育員の餌やりと説明を聞くことができる「アザラシ広場」へと向かう。

f:id:YOSHI88:20210116173325j:plainアザラシには、一頭一頭名前がついており、子供のように愛着が湧いてくる。

f:id:YOSHI88:20210116173403j:plain1日5回の餌の時間になると、飼育員により門が開けられ、アザラシが各自プールから「アザラシ広場」にやってくる。
f:id:YOSHI88:20210115000921j:plain

f:id:YOSHI88:20210116173731j:plain飼育員のアザラシへの愛情が伝わってくる餌やり。

f:id:YOSHI88:20210116173757j:plain飼育員の指示を聞き分けて、仰向けになったり、拍手したりして、とても賢くて可愛い。普段はなかなか見られないアザラシの生き生きした動作を間近で体験。 

f:id:YOSHI88:20210116173830j:plain特等席で、のけ反るアザラシ…(笑)。

f:id:YOSHI88:20210116174309j:plain「水中行動観察室」では、地上での滑稽な動きとは異なり、俊敏に泳ぐ姿を観察できる。 
f:id:YOSHI88:20210115001043j:plain近くには、こんなアザラシのオブジェも。

f:id:YOSHI88:20210116174336j:plain本日のツアーの観光は、ここで一旦終了。引き続きオプション観光で、氷海展望塔オホーツクタワー、流氷科学センター、紋別市立博物館、まちなか芸術館を廻ります(続く)。

海外旅行回想録1990-91年〜パキスタン編(8:最終回)

1990年の年末から1991年の年始にかけてパキスタンを旅行しました。

 旅の概要ですが、①モヘンジョ=ダロ遺跡、②カラチ、③ハラッパー遺跡、④ラホール、⑤ペシャワール、⑥スワット地方、⑦タキシラ、⑧イスラマバードの順に回りました。

第8回目は、パキスタンの首都イスラマバード市内観光です。

f:id:YOSHI88:20201019125710j:plain
[9日目]

朝食後は、ツアーで初めての自由時間で、宿泊先のパール ・コンティネンタル・ホテルでゆっくり寛ぐ。

パール ・コンティネンタル・ホテル

f:id:YOSHI88:20201209100700j:plain客室内は、淡い色合いの内装とシックなインテリア。

f:id:YOSHI88:20201209100719j:plain昨夜イルミネーションの反射が綺麗だったプールは、誰もおらず、ひっそり。

f:id:YOSHI88:20201209100739j:plainロビー風景。パキスタンのホテルにしてはナカナカのもの(笑)。

f:id:YOSHI88:20201209100759j:plainホテルから出て、散策に出かける。

ラーワルピンディー

f:id:YOSHI88:20201209100819j:plainこの辺りは、パキスタンの新首都イスラマバードの南15kmにある隣町のラーワルピンディー。新首都が建設される以前からこの地域の中心であり、交通の要衝として栄えた町。地元の人々から「ピンディー」と呼ばれ、昔ながらの雰囲気を残すバザールや街並みも残っている。

f:id:YOSHI88:20201209100839j:plain靴磨き屋か?遮るものがなく、寒そう。

 

f:id:YOSHI88:20201209100858j:plainムスリム商業銀行。イスラムの教義に基づいた金融サービスを提供する銀行で、無利子での金融サービスなどを行うらしい。

f:id:YOSHI88:20201209100923j:plain鞄や本、文房具などの学校用品を取り扱っている店。日本にあっても違和感を感じない。

f:id:YOSHI88:20201209100945j:plainどことなく懐かしい風景。昭和30〜40年頃の日本の商店街を思い出す。

f:id:YOSHI88:20201209101049j:plain殺風景な公立女子校。

f:id:YOSHI88:20201209101113j:plain自由時間後は、バスでイスラマバードへ。

f:id:YOSHI88:20201209101135j:plain昼食は、市内の中華レストラン。

f:id:YOSHI88:20201209101153j:plain日本にある店と何ら変わらない。

イスラマバード

パキスタンの首都イスラマバードは、1962年カラチから遷都の際に作られた計画都市。マルガラ丘陵南側の山裾に広がり、整然とした碁盤の目のような街路を持ち、緑あふれる美しい都市。リキシャ(オート三輪)の乗り入れが禁止されているため、街はとても静か。

シャー・ファイサル・モスク

f:id:YOSHI88:20201209101214j:plainマルガラ丘陵の山麓にある白亜のモスク。アジア最大の規模を誇り、モスク内部だけで1万5千人の礼拝者を収容できる。建物の四隅にそびえ立つミナレットは高さ約90m。モスク頂部の金色の三日月はイスラームの象徴。

f:id:YOSHI88:20201209101340j:plain内部も、かなり広く、美術館のよう。

f:id:YOSHI88:20201209101443j:plain礼拝堂は2階にあるが、外でも礼拝している。

f:id:YOSHI88:20201216110536j:plainモスク入口付近。

f:id:YOSHI88:20201209101521j:plain1階入口付近。

ダマネコー展望台

f:id:YOSHI88:20201209101605j:plainマルガラ丘陵の山腹にある展望台。

f:id:YOSHI88:20201209101625j:plainイスラマバードの街を一望できる。

f:id:YOSHI88:20201209101709j:plainイスラマバード市内は、碁盤目状の複数の区画(一つの区画は1.5×2km)からなり、上下にアルファベット、左右に番号が振られている。ちなみに、先程見学したシャー・ファイサル・モスクは、E-7の直ぐ下の辺りにある。

f:id:YOSHI88:20201209101724j:plain豊かな緑に包まれた閑静な街並み。

f:id:YOSHI88:20201209101759j:plain大統領府。旗が2本立っているときは、大統領が執務中。

イトワール・バザール

イスラマバードのG-6区画にある(3つ上の写真参照)。南半分に果物や野菜、肉などの生鮮食品を売っている屋台が並び、北半分に主に日用品などの雑貨、衣類などを売る店が並んでいる。f:id:YOSHI88:20201209101859j:plain

f:id:YOSHI88:20201209101917j:plain

f:id:YOSHI88:20201209101931j:plain

f:id:YOSHI88:20201209101949j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102003j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102057j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102113j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102129j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102143j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102158j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102212j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102247j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102303j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102318j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102334j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102357j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102411j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102429j:plain

f:id:YOSHI88:20201209102448j:plain 人と車であふれ、排気ガスや粉塵の中に独特な香辛料の匂いが漂う、刺激的でクセになるバザールに別れを告げ、イスラマバード22:25発の PK752便で、空路、帰国の途へ。 

 終わりに

今から丁度30年前に旅したパキスタンですが、今回ブログで取り上げるために、本棚の隅に眠っていた写真約800枚をを取り出して初めてツアー全体を振り返ってみました。

世界四大文明発祥の時まで遡る遥か昔のインダス文明の遺跡モヘンジョ=ダロやハラッパ、その後、北西部を中心に栄えたガンダーラ文化の中心タフティ・バイやタキシラの仏教遺跡群、さらにラホールを中心としたムガール王朝時代の城塞やバードシャーヒー・モスク、シャリマール庭園等の独自の歴史建造物だけでなく、カイバル峠付近での擬身柄拘束体験(笑)や独自の風習を続けるパシュトーン人、道端で出会った子供達の純粋な笑顔、バザールでの人々のたくましい生きざま等が写真と共に鮮やかに蘇ってきます。

元々、テロや誘拐、スリ等が発生する不安定な治安情勢に加えて、パキスタンに関する情報も少なく、現在旅行するには極めて危険な地域であるが、今仮に同じツアーに参加していたら、パキスタンはやはり自分に同じ感動を与えてくれたろうと思う。このブログを読んで、少しでもパキスタンを旅した気分になってもらえたら幸いです。

海外旅行回想録1990-91年〜パキスタン編(7)

1990年の年末から1991年の年始にかけてパキスタンを旅行しました。

 旅の概要ですが、①モヘンジョ=ダロ遺跡、②カラチ、③ハラッパー遺跡、④ラホール、⑤ペシャワール、⑥スワット地方、⑦タキシラ、⑧イスラマバードの順に回りました。

第7回目は、ガンダーラ最大の都市遺跡タキシラ観光です。

f:id:YOSHI88:20201019125710j:plain

 [8日目]

 この日は、スワット・セレナホテルで朝食後、イスラマバードまで250kmを超えるバス長距離移動です。最初に、昨日見学したタフティ・バーイ遺跡近くまで一旦戻ってから、タキシラ遺跡へと向かいます。

ラカンド峠

f:id:YOSHI88:20201208130420j:plain途中、マラカンド峠を通過する。

f:id:YOSHI88:20201208130447j:plainこのラカンド峠は、かつて玄奘三蔵や多くの仏教僧も超えたと言われ、遠い昔に想いを馳せる。

f:id:YOSHI88:20201208130610j:plainサカコートの町でひとまず休憩後、昨日見学したタフティ・バーイ遺跡近くにある、インダス川とカブール川の合流スポットへと向かう。

インダス川・カブール川合流点

f:id:YOSHI88:20201208130729j:plain

f:id:YOSHI88:20201208130843j:plainアフガニスタン中央東部のパグマン山地に発し首都カブールを通過しているカブール川は、ここでハラッパやモヘンジョ=ダロの文明の発生源となったインダス川へと合流している。

ハッサン・アブダル

f:id:YOSHI88:20201208131005j:plainタキシラ遺跡観光前に、近くのハッサン・アブダルで昼食。

f:id:YOSHI88:20201208131035j:plain近くにある郵便局。ここでもアーチ状の窓。

f:id:YOSHI88:20201208131201j:plainバザールも散策。

f:id:YOSHI88:20201208131133j:plainターバンを巻いたイスラム人でごった返している。


タキシラ

午後、タキシラ見学。見どころは、駅近くにある博物館と、郊外に点在する遺跡群(山岳仏教遺跡のジョーリヤーン、都市遺跡のシルカップ等)。

タキシラ博物館

f:id:YOSHI88:20201208131254j:plain先ずは博物館を見学。ガンダーラの展示としてはペシャワール博物館に次いでしっかり展示されている。 

f:id:YOSHI88:20201208131332j:plain有名な「頭部だけの仏像」。

ジョーリヤーン遺跡

f:id:YOSHI88:20201208131652j:plain タキシラ博物館から車で約15分、タキシラの町を一望できる丘の上にある山岳仏教遺跡。僧侶の暮らした僧院区と、主ストゥーパ(仏塔)と奉献ストゥーパのある塔院区がある。

f:id:YOSHI88:20201208132239j:plain塔院区にあるストゥーパf:id:YOSHI88:20201208131938j:plainストゥーパの各壇にはストゥッコ(化粧漆喰)の装飾が美しく残っている。 

f:id:YOSHI88:20201208132028j:plainストゥーパに彫られた細やかな像。西洋人のようだが、ヘレニズム文化の影響を受けたガンダーラ美術らしい。

f:id:YOSHI88:20201208132053j:plain頭部の欠けた坐仏像。

f:id:YOSHI88:20201208132348j:plain外からの眺望。タキシラの町を一望できる。立っているのは管理人か?

f:id:YOSHI88:20201208132851j:plain僧侶の暮らした僧院区。中庭を囲み僧房が並んでいる。

f:id:YOSHI88:20201208132946j:plain浴室。

f:id:YOSHI88:20201208133016j:plain集会所。

f:id:YOSHI88:20201208133052j:plain貯蔵庫。

f:id:YOSHI88:20201208133217j:plain給仕室。

f:id:YOSHI88:20201208133126j:plain台所。遠くから眺めると、幾何学模様のようにも見える。

f:id:YOSHI88:20201208133150j:plain大きさの異なる石が上手く組み合わされている。


シルカップ遺跡

f:id:YOSHI88:20201208133430j:plainタキシラ博物館の直ぐそばにある都市遺跡。紀元前2世紀にギリシャ人が侵入して建設された。町はギリシャの都市計画に基づいて碁盤の目のような街づくりになっている。 

f:id:YOSHI88:20201208133409j:plainメインストリート。かつてこの道に沿って商店が多数並んでいたそうだ。

f:id:YOSHI88:20201208133454j:plain右下にある四角い穴は通気孔?排水孔?

f:id:YOSHI88:20201208134047j:plain整然とした街区が続く。

f:id:YOSHI88:20201208133807j:plainメイン・ストリートを進むと、この先、仏教寺院の跡等が残っている。

f:id:YOSHI88:20201208134111j:plain大きな円形状のスペース。

f:id:YOSHI88:20201208134133j:plain保存状態の良いストゥーパ。土台が無く、地面に直接設置されている。

f:id:YOSHI88:20201211144608j:plain最も有名な「双頭の鷲」のストゥーパ

f:id:YOSHI88:20201208134344j:plain階段の右側にある装飾。左側にイラン風アーチ、右側にインドの塔門が描かれ、これらがコリント式柱で区切られている。また、左側のイラン風アーチ上には「双頭の鷲」が飾られている。

f:id:YOSHI88:20201208134405j:plain階段左側にある装飾。右側に比べて損傷度が激しいが、右側と同じ装飾に見える。


ラーワルピンディー

夕刻、イスラマバード着。隣町にあるラーワルピンディーのパール  コンティネンタル・ホテルへ。

f:id:YOSHI88:20201208134539j:plainプールのあるラーワルピンディー随一の高級ホテル。プールの水面にイルミネーションが映っている。

f:id:YOSHI88:20201208134600j:plainパキスタン最後の夜。

f:id:YOSHI88:20201209095730j:plain伝統楽器を使った演奏が彩りを添える。

翌日の午前中はフリータイムなので、食事後は添乗員の部屋で夜更けまで宴会。

最終日は、イスラマバード市内観光です(続く)。